水道工事を行う業者とは

水道工事を行う業者とは 新築の家屋やマンションビルなどで、給水設備の増設などを行うときの注意点について紹介します。これは素人が個人で行えるものは少なく、ほとんどは専門の業者に依頼することになります。水は毎日使うもので、故障が起きれば日々の生活に大きな影響を与えてしまいます。そのためしっかりし対応してくれる業者を選定する必要があります。安心して任せられる業者とは、どういったところか分からない人もいるでしょう。水道 工事を行うには、国家の資格を持った技術者を保有することが必要です。また自治体ごとの水道局が審査する給水工事指定業者の認定もされていることが前提です。家屋の新設の場合は、道路の配水管より分岐させて給水管を接続する必要があります。

■水道局による業者の管理

自治体は管理する配水管から分岐して給水管と給水装置を設置するにあたり、配水管などに破損その他の異常を生じさせないような技術力を持つ業者を選定するために指定制度を設けています。また指定した業者に対しては研修、訓練を義務付け、その技術力の維持を支援しています。特に最近は大規模災害の復旧に関して水道の重要性が見直され、災害などで破損した施設の復旧のための新しい工法の普及なども行われています。
水質を維持するために、配水管や給水管に対する品質の改良も進んできました。特に鉛の影響をなくすため鉛製の給水管の使用を少なくし、残存する鉛製給水管の量を少なくする指導も行われています。

■水道工事の業者の認許
水道工事は3種類あります。給水管引込工事、屋内配管工事、下水道排水設備工事です。給水管の引き込み工事は、水道局が管轄している水道管から家屋などの敷地内へ給水管を引く工事です。屋内配管工事は、屋内に給水管や排水管を配置していく工事です。
この工事は資格が必要です。設置方法を誤ってしまえば水漏れを起こしてしまい、飲み水には適していない水が蛇口から流れてしまう危険性を備えています。
水道工事に関しては、資格がない人が行っても問題はありません。しかし給水部分の工事において、監督者は給水装置工事主任技術者の資格を有している必要があります。また、施工後に行われる給水装置の検査の立会いにも、必ずこの資格が必要です。

■水道工事の業者の種類と選び方

業者は上水道専門業者と下水道専門の業者、両方ができる業者があります。トラブルの場合は両方にまたがる場合が多いため両方ができる業者の方が便利です。
最近は全国展開してトラブル全般に対応する業者も増えています。これらの業者はインターネットで仕事の依頼を受け、各地域の支所から短時間で対応できることを売り物にしています。またこれらの業者は自分の基盤となる地域で自治体の指定業者に指定されています。信頼できる業者を選定するため選定方法にも様々な方法があります。
一番多いのは自治体に業者を紹介してもらう方法です。指定業者も自治体によっては数が多いのでその中から自分でよい業者を選定する必要があります。インターネットには様々な業社が掲載されており、その口コミなども調べることができます。その中からいくつかの候補を挙げ実際に見積もりを行ってもらえば判断材料になります。この場合複数の業者に依頼して、見積もりをしてもらい比較して決定すればよりよい業者を選ぶことができます。

■まとめ
水道工事自体は資格がなくても行えますが、業者のなかに有資格者が必要になります。自治体は、指定業者を認定しています。最近は地域ごとの業者以外にも全国的に展開する業者も増えてきました。これらの中から業者を選定する方法について紹介しました。このなかから複数社相見積もりをしましょう。費用や修理方法について内容が分かれば業者を選定できるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース