コンテンツ

水道工事に関する資格

水道関連のさまざまな工事を行うにはすべて資格が必要です。これを持った技術者を保有する業者以外は水道工事を行うことができません。依頼する時はその業者が資格を持った技術者を保有しているか否かを調べる必要があります。

■資格がなければできない水道工事

給水管、給水装置、排水設備の工事すべてに資格が必要です。作業そのものは保有する技術者が行う必要はないのですが、後の検査は保有する技術者が行う必要があります。
例えばキッチンの給湯装置を給水管に接続する場合、接続の作業は資格がない人が行っても良いですが、最後の検査は保有する人が行う必要があります。これにより水漏れなどの不具合が起こることを防いでいます。給湯装置の接続なども比較的安易に行われることがあるのですが、もし後で大量の水漏れなどのトラブルが起きたような場合が規則に基づいて作業を行っていないと罰則が適用されることもあり注意が必要です。

■水道工事に関する資格

給水工事を行うためには、給水工事主任技術者資格というものが必要です。これにより道路にある市の配水管から家の中の蛇口までのすべての作業が可能になります。この間の給水管や水道メーター、止水栓などの器具を給水装置といいます。排水設備とは家庭内のトイレやキッチンなどの排水口から道路局が管理する公共下水道の公共汚水ますまでの排水管や接続桝などすべての設備のことで同様のものがあります。また管工事施工管理技士という資格は、建設業が行う計画や管理の業務を行うのに必要なものです。

■まとめ
水道関連には、いくつかの国家資格があります。給水や排水に関しても、その装置の作業を行うにはそれぞれの資格が必要です。この資格を持った技術者を保有する業者でなければ、これらの工事を行うことはできません。ほとんどの業者は要件を満たしていますが、その工事の良し悪しは様々な情報をもとにした水道 評判で判断する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ