コンテンツ

水道の増設工事を行う方法

庭などにある水道を、増設したくなった時にどうしたらいいのか分からない人も少なくありません。地中を通っている給水管に管を接続し、それに蛇口などの給水装置を設置する必要がある場合は、専門の業者に依頼する必要があります。この工事を行うための業者の選定方法やその時の注意について、また簡易的に給水口を増やす方法についても紹介します。

■素人でもできる水道の給水工事の増設の方法

庭にある水道の給水口に長いホースを接続し、車庫で洗車を行っているような時には、車庫内に給水装置があったら便利だと考える人も多いのではないでしょうか。このような時は、簡易的に給水装置を増やすこともできます。その方法ならば業者に依頼しなくても素人でも行うことができます。
水道の給水装置の工事は、各自治体の水道局で管理されており、市の配水管から家庭内の蛇口までは水道局に指定された業者以外は工事ができません。しかし蛇口から後は自治体によって多少判断は異なりますが、ホースを繋ぐ程度のDITは、個人が増設をしても問題ないのが一般的です。塩ビの管と蛇口などの部品を揃え、ホースの代わりに塩ビの管を壁や地面に這わせて接続していけばある、程度離れた所にでも水場を増設することができます。途中で二股に分かれた部分を接続すれば蛇口の数も増やすことができます。
ただし、こういった作業を行うときは庭などの少しぐらい水が漏れても大丈夫なところ以外での対応は難しいでしょう。

■水道工事業者による水道の増設

庭などでの給水装置の増設は、自治体ごとの指定工事業者に依頼する必要があります。建物内の給水装置は、工事の際に水道局に申請する時に提出する必要があり、その後局で管理されています。ここには自治体の保有する排水管から蛇口までの、管の情報と途中に設置されたメータや止水栓、接続部分、蛇口などの給水装置の位置が書かれています。この情報は水道使用者やマンションの管理人御身が閲覧できるので工事業者は依頼者の許可のもとにこの情報を取りよせて工事を行います。増設工事を行うにはまずこの図面に基づいてどの部分の給水管に管を接続するかを決めて、その部分に新しい給水管を枝分かれさせて増設します。この部分は通常土の中か建物の床か壁の中になるので、場合によっては家の図面も必要になります。

■まとめ
庭の給水施設から離れた場所に給水施設の増設を行いたいときは素人でも可能ですが、信頼性の高いものを作るには業者に依頼する必要があります。上水道や下水道につながる水道管の新設や取り外し、などは資格を持った人が施工や管理をする必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ